パン★工場でできたての食品はおいしい

 日本人の主食はパンかごはんである。

 最近学校給食で、ナンがでるらしい。

 国際理解教育の一環で、和食、洋食、中華以外にもさまざまな趣向がこらされている。

 我が家の食卓では、ごはんが多い。

 朝は時間節約のために食パンをそのままかじっている。

 スーパーなどで売っている食パンには、バターなどがあらかじめ練り込んであるため、何もつけなくてもおいしくできている。

 もともとお菓子だったパンが、四角く焼かれて食卓に上るようになったため「食パン」という名前がついたらしい。

 小学校のときにパン工場見学にいった。

 パン工場は同じ市内にあって、小学校のときにいったきり近くを通ることもなかった。

 数年前に仕事でたまたま通りかかったとき、周囲にパンのおいしそうな匂いが立ち込めていることに気付いた。

「この地域の人は、この匂いでご飯を食べられるのではないか」

 と思った。

 しょうゆ工場がある地域では、しょうゆの匂いが数キロ先までしていた。

 こちらは口の中がしょっぱくなりそうで、いつもよだれが出てしまうのではないだろうか。

 工場でできたての食品はおいしいと聞いたことがある。

 スナック菓子の工場でできたてを食べると、小売店で食べるものとは別の味がする。

 パンも同様なのだろう。

 焼きたてパンの店で買ったパンがおいしいように。