手★手は「万能の道具」といわれる

 手首から先が手である。

感染症予防のために手洗いをしましょう」

 という場合には前腕部まで洗う。

 また手は、手の平、手の甲、指に分けられる。

 指は5本あり、内側に曲がる。

 たまに外側まで曲がる関節が柔らかい人がいる。

 自分は関節が硬くて、決まった方向以外にはまったく曲がらない。

 手は「万能の道具」といわれることがある。

 手で何かを掴んで運んだり、調理器具を持って料理をしたり、体重を支えるために何かにつかまることもある。

 今キーボードを打っているのも手だ。

 指が各々担当するキーの範囲があって、順序正しく文字を打ち続けている。

 ときには音楽を奏でることもある。

「先手を打つ」

 というときの手は、何かのすべを指す。

「働き手」

 というときには、人の労力を指す。

 辞書を引けば他にもいろいろでてくる。

 手は日常生活で欠かせない道具なので、比喩表現に良くでてくるのであろう。