空気★目に見えない空気を、可視化するときどう表現するだろうか

 目に見えない空気を、可視化するときどう表現するだろうか。

 人間が呼吸するところを表現すれば、目に見えない空気を感じるだろう。

 泡ではどうか。空気が泡に包まれている。

 空気を吹きかけて、何かが飛んでいるところ。

 風になびく旗。

 このように、空気は見えないので、空気が起こす現象を表現すればよい。

 では、

「この人は空気が読めない」

 というときの空気はどうか。

 この場合の空気は、場の雰囲気やその場にいる人の心情を指している。

 この空気を表現するのは難しそうだ。

 物語を組立てて表現する必要がある。

 いずれにしても、空気を表現するには、それにかかわる状況やそれがもたらす現象を表現することになる。

 

 また空気はどこにでもあって、我々を取り巻いている。

「人を空気のように扱う」

 というと、酷いことをしているように聞こえる。

 場合によっては、いじめである。

 空気自体は表現できないので、空気を感じさせるような表現をするのである。