未来★「近未来」を表現することは難しくなった

 未来を考えるとき「Society 5.0」を意識する。

 内閣府によると「サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムによって開かれる」と解説している。

 インターネットを、情報を得るために使うだけではなく、日常生活に深く根差した関わり方をすることである。

 さまざまな構想が具体的に示されている。

 すでにかなり普及してきている、スマートスピーカーもその一つだった。

 他にも自動運転車など近々実現する技術もある。

 SF小説を書くときに「近未来」を表現することが難しくなってきていると思う。

 技術が加速度的に進歩しているので、人間の想像力が追いつかなくなっているのではないだろうか。

 未来を描こうとするとき、中世のような雰囲気を織り交ぜるストーリーが多く見られるようになった。

 未来のイメージが描きにくくなった証拠である。

 ただ単にメカニカルだったりするだけではリアリティを感じない。

 それよりも、人間の肉体のような有機的な形に沿ったデザインとか、有機物を連想させる構造の方が未来的な感じがする。

 すでに「Society 5.0」で未来を語ることが難しくなり、人間の幸せとテクノロジーの関係を深く認識してイメージを広げていかなくてはならない。