DVD★不思議な光る円盤

「これ、何に使うんですか」

 本に添付されている円盤を指して、高校生が質問した。

 受験予備校で英語の教材を配布したときの話である。

 たまにDVDつきの本を見かけるときがある。

 昭和生まれの人間でも、最近はDVDを煩わしく思う。

 映像はYouTubeのQRコード。

 テキストデータはダウンロードサイトのORコード。

 こちらの方が手軽に活用できる。

 DVDをなぜ煩わしいと感じるのだろうか。

 まずはその大きさである。

 厚さ0.6mm、直径12cmという大きさだ。

 これがたくさんたまってくると、専用ファイルに入れて整理する必要が出てくる。

 材質はポリカーボネート

 屋外のファサードなどにも使われる、ごく硬いプラスチックである。

 読み込み速度は機器にもよるが、インターネット回線でダウンロードするより時間がかかる。

 DVDプレイヤーに入れると、ブーンという回転音がして読み込まれるまでしばらく待つ。

 このような作業を想像して、煩わしさを感じてしまう。

 また光沢がある読み取り面を素手で触ってはいけない。

 年月が経つとカビが生えたりする。

 プレイヤーの読み取り装置にホコリが付くと読み取れなくなるので、定期的にクリーニングする必要がある。

 以上のように、物としてのメディアよりも、インターネット上にデータを保管した方が利便性が高く、経年劣化もないと思う。