太陽がつくる陰と影

「太陽の日光が植物の葉に当たり、光合成して酸素が作られる」

 学校でこのように習う。

 太陽の光がなければ、酸素が造り出せなくなり生物が生きられなくなるわけだ。

 また

、野菜、果物、米、小麦などを育てるためにも不可欠である。

 これらを収穫して、食べることで生命が維持されている。

 ごく当たり前のことだが、太陽の光を意識すると日常の風景が違う見え方をする。

 外に出るを身の周りの物に光が当たっていて、反対側が陰になっている。

 カゲにはもう一種類ある。

 地面や他の物体に落とす影である。

 陰影という言葉があるが、「陰」と「影」は別の意味があるのだ。

「人影が見える」

 これは人の姿が見えると言う意味である。

 つまり「影」には姿という意味合いが強い。