英才教育とは、どれくらいから始めるものだろうか。

f:id:yamadahideo:20211002153549j:plain


 英才教育とは、どれくらいから始めるものだろうか。

 2際だと、まだほとんど集中できない。

 頑張ってもせいぜい5分程度である。

 3歳から習い事をした、という話をよく聞く。

 英語教材では、0歳からというものもある。

 英語の歌を聞かせたり、映像を見せたりするのである。

 小学校でも英語が必修になったし、幼稚園では数や色など簡単な英単語を教えている。

 「英才教育」というと、将来天才が育つような教育を指すのであろう。

 この場合には、少々背伸びをして教え込む感じがする。

 子供が通っているピアノ教室や空手道場では、2,3歳の子をじっとさせるだけで精いっぱいという感じに見えた。

 だが、親が教育熱心な家の子は、4,5歳でもかなりできる子に育てている。

 うちは習い事を早くからさせているし、英語にも生まれた時から触れさせているが、伸び伸びと育っていて、英才教育という言葉とはほど遠い。