SFを無計画に書く

f:id:yamadahideo:20211230115906p:plain

 SFの作品に取りかかった。

 いつものように、無計画に始める。

 SFは、細部の描写が大事だと知っている。

 しかし、ほとんど考えずに文章を進めていく。

 ミステリーを書いているときには、途中で行き詰った。

 展開が単調になってしまい、クライマックスが来なくなったからである。

 SFでも同じ現象が起きるのかとおもいきや、

 案外平気だった。

 何より、書くのが楽しくなってきた。

 こうして「宇宙神エマ」のストーリーが進んで行っている。