【小説】夜陰

「グウウウゥゥ…… 」

「エサが足りないか。わかった。もう一匹狩ってきてやる」

「ガウウぅ…… グルルルウッぅ」

「食う量が日増しに増えやがるな」

「日野! 狩りを続けていると、いずれ見つかるぞ」

「大丈夫だ。証拠は残していない。心配し過ぎだ。斎川」

 日野晃は、19歳である。顔にはまだ子どものあどけなさを残すが、特殊な能力を生まれつき持っていた。