失敗は成功のもと★小説家になる、という志を立てた人はたくさん失敗するし、失敗するべきである

 志が高い人ほど失敗をする。

 職場でデジタル化を進めようとするとき、何が職場環境に求められるだろうか。

 RPAとか、IoTなど関連する言葉が多数でてきている。

 正解は「トライ、アンド、エラー」である。

 失敗を受け入れられる環境が必要なのである。

 どんな集団の中にも、イノベーティブな考えを持った人材が一定数いるものである。

 その人が失敗したときに「やってはいけないことリスト」を作り始めるようであれば、仕事のデジタル化と効率化は諦めるべきだ。

 そのような会社に将来性はない。

 今までにないことを始めれば、目標から大きく外れて予想外の失敗が起こる。

 論理的にはごく自然な結果である。

 新しいことをしても失敗しないとすれば、因果律に欠陥がある。

 小説家になる、という志を立てた人はたくさん失敗するし、失敗するべきである。