多作であること

 多作であることを自分は重視している。

 初めからそう思っていたわけではなくて、ある程度社会的成功を収めたと思ったときに、振り返ると多作だった。

 そして成功者は苦労を語らない。

 だから成功者の結果を真似しようとする人がでてくる。

 それまでの過程を度外視して自分も成功できる、というビジョンを持ってしまう。

 難しいパズルを解くときに、解けるまでは試行錯誤の連続である。

 途中で投げだしたくなる。

 だが、いったん溶けてしまうとパズルの本質が見えて、簡単なものに思えてくる。

 パズルの本質を知った人は成功者である。

 そこにたどり着くまでの無数の失敗作はどこかに行ってしまう。