孤独とは

 10代後半から、孤独を感じることが出来るようになったと思う。

 それまでは、友だちがいつも傍にいたし、勉強や部活、遊びで忙しかった。

 高校生になってから、勉強する意味、そして社会に出てから何をするかを本格的に考え始めて、物事の本質を意識するようになった。

 歌の文句で「人混みに流される孤独」などを認識するようになったと思う。

 自分の深い部分にある葛藤を話すことができず、誰にもm理解されない、と感じることを孤独と呼ぶのだと、多分歌で知った。

 将来への漠然としtあ不安を感じるようになったのも、そのころである。

 自分は元々流行に鈍感な田舎者だったので、高校生になって初めて自宅で音楽をかけて聞く、という文化に出会った。

 若者が聞く音楽を、自分の部屋に持ち帰ってみると、ある程度は悩みを共有できた。

「ああ。自分と同じことを考えてる」

 と思えるアーティストもいたので、ちょっと安心できて繰り返し聞いた。

 そんなときアーティストは孤独を歌っていた。

 独身時代が長かったが、仕事したり資格取得の勉強をしたり、かなり本格的に運動もしていたのでいつも肉体的にも精神的にもいっぱいいっぱいで、孤独を感じることはあまりなかった。

 家庭を持ったのは、ギリギリ安全に子どもができる歳だったが、タイミングは良かったと思う。

 今は穏やかな家庭に満足している。

 こうして、自分のことにも目を向けるようになってきて、筆を取るようになった。