小説家★山田の作品

小説家を目指して文学賞に挑戦しています。自分磨きのためにジャンルを問わずに書き続けます。

テストのありかた

 学校の試験のあり方が、どう変化していくだろうか。

 教育現場にICTが浸透しつつある。

 そして、大学では生徒間で相互評価するシステムが出てきている。

 MOOCと呼ばれる、インターネット上の大では、相互評価で単位を認定して、卒業できるシステムがある。

 これを利用して、大学に通いにくい国や地域の優秀な人材に学習機会を与えようという取り組みである。

 自分も英語力を磨いて挑戦してみたいと思っているところだ。

 日本のMOOCは、そこまでの自由度がない。

 資格取得のためのセミナーが目立つ。

 また大学で実際に講座を受講しないと答えられない問題が出題されている事例が見られる。

 日本語の授業なのだから、完全にオープンにしても、言語の壁があるだろう。

 ICT化に対応した学習評価は、海外の大学の事例を参考にするべきだと思う。