抽象的イメージを具象で表現する

「抽象的イメージを具象で表現するには、イメージが遠いもの同士を組み合わせるといい」

 例えば「鉄」を表現するときに、「ナイフ」と「フォーク」で表現したとしよう。

 ナイフとフォークでイメージすることは「食事」や「レストラン」だ。

 道端で看板を見つけて、ナイフとフォークのシルエットが描かれていたら、誰でも食事できるところがある、と思うだろう。

 鉄製のナイフとフォークをイメージする前に、もっと強いイメージを想起する。

 だから失敗だ。

 日常会話で、我々は同じような失敗をしょっちゅうしている。

 自分が言おうとしたことが、相手に伝わらず、

「俺の話を聞いているのか」

 とか、

「この人たち、話を聞いてない」

 と怒ったり、愚痴をこぼす。

 問題の本質は、表現する側にある。

「他人に何かを伝えるのは難しい」

 というが、こういうと相手が悪いように聞こえる。

 だが、反省すべきは表現者の方である。

 鉄の問題に戻ると、

 例えば「スパナ」と「フォーク」ならどうだろうか。

 今度は「食事」ではない。

 スパナでものを食べる人はいないだろう。

 これでまあまあ、「鉄」が表現できた。

 だが「道具」というキーワードでつながっている。

 もっと遠いモチーフならば、完璧に近づく。

 あとは宿題にしたい。考えてみて欲しい。