全力疾走

 ある程度歳を取って、自分の全力を意識することはほとんどなくなった。

 いつも限界よりもかなり低いところで生活しているし、高いパフォーマンスを求められることも少ない。

 100mリレーを走ったときも、全身に100%の力は込めなかった。

 というよりも、込めるとバランスが崩れることがわかるので、できなかった。

 手抜きをしたわけではなく、周りの人からは、

「速いですね~。さすが鍛えてますね」

 と感心されたので、十分な頑張りだった。

 これが全力といえば全力なのかもしれない。

 これ以上力めないのだから。

 若い頃は自分の限界をいつも意識していた。

 限界に挑戦しようとし、8回は超えたはずだ。

 なぜ8回かというと、これ以上頑張ったら倒れるとか、自分がどうにかなるんじゃないか、と8回思ったからだ。

 自分が思っていた限界に達すると、全然限界ではなかったことがわかる。

 スポ根のような発想だが、全力を出すということは、自分の認識に変化が起きることかもしれない。