小説家は俳優である

 小説の登場人物を詳細に設定することが重要である。

 毎日どんなライフスタイルで、趣味趣向はどんな傾向で、いつも何を考えて生活しているかを想像しやすくするためである。

 小説を書くときには、非公開のメモとあらすじを書く。

 登場人物のフルネームや年齢、職業、好きな物、人間関係のことなどを大まかに書いて置く。

 これは備忘のためでもあるし、人物像のイメージを肉付けするためでもある。

 ストーリーの筋が分岐するとき、

「この人の立場ならどういう行動を取るだろう」

「何を喋るとこの人らしいだろう」

 と考えることになる。

 同じ人物でも、場面が変わり周りにいる人が違えばセリフも変わる。

 文字をキーボードで打っているとき、頭の中では同時に音声が聞こえる。

 感情も、共有することになる。

 だから書いているときは、とても忙しい。

 すべての登場人物を同時に演じ続けるのだから。

 自分の中にあった感情の動きが、文章から抜け落ちたときには、

「テイク2! 」

 となって推敲するわけである。

 作者は常に登場人物と人生を共有し、追体験することができる。

 これが創作の素晴らしいところである。