山田の作品

クリエイターとして活動しています

やってみたいかどうかを基準にする

 小説を書き始めるときに、なかなか始められないことがよくある。

 そんなときには「やってみたいかどうか」を基準にする。

 「書いてみたい」ではなく「やってみたい」としたのは、イメージすることなど、書く前の段階が焦点になることが良くあるからだ。

 小説家として、文章をたくさん書くようになってから、書き始めのメンタルがとても重要だと感じるようになった。

 感情には起伏がある。

 今日書きたいと思ったネタが、明日はそうでもなくなっているかもしれない。

 おそらく今日書きたい理由があるはずで、文章は流れや、形容しがたい生命を持っているから、感覚的な認識も重要である。

 論理的な正しさと、文法上の正しさを無視して書くべきときもある。

 そんな矛盾した文章構成が、創作の醍醐味だと言っても良い。

 その指針になるものは「やってみたいかどうか」である。