「やらねば」と「やりたい」は違う

 日常生活でも仕事でも、やらねばならないことが多い。

 朝起きることもやらねばならないことである。

「起きたい」

 と思って起きたことがあるかを考えると、思い当たらない。

 自分は起きるとすぐに、逆立ちとストレッチと武道のトレーニングを日課にしている。

 これも気分の半分以上は、やらねばならないことである。

 少なくとも、やりたいという感情はない。

 体の血流を良くすると、感染症予防と、ケガ防止になるからやっている。

 年齢的にそろそろ腰痛や膝の痛みを予防して置かないと、いきなり傷めるかもしれない。

 ちなみに腰痛は、大腰筋などのインナーマッスルが弱くて、血流が悪いと組織が固まって傷めるから起こることが多い。

 アキレス腱や膝の腱が切れるときも、組織が固まるために起こることが多い。

 だから、ストレッチと運動はQOL(生活の質)を確保するためにやるべきである。

 最近、自分の「やりたいことリスト」にエッセイや小説を書くことが加わった。

 自分の頭の中で妄想したことを、形にすることはとても面白い。

 単純に、他人に読んでもらって共有したい、という思いが強くなっている。

 2番目にやりたいことは、文章を読むことである。

 3番目はジョギングしたい。

 ジョギングは外を走って爽快感を味わえる。

 この爽快感の大半は、走り終わった後にやってくるものだ。

 筋トレと一緒にやると、ごはんがこの世のものとは思えないほど、おいしくなる時もある。

 でも子ともとの散歩が優先なので最近はできなくなった。

 社会人や家庭人はやらねばならない義務が多いが、適度にやりたいことを意識的に作らないと、精神衛生上悪いので、いつも考えている。