山田の作品

クリエイターとして活動しています

創作することが目的になる

 小説を書き始めたときは、歯を食いしばって自分を鼓舞することもありました。

 結構無理して書いていた感じでしたし、途中で迷うことが多かった気がします。

「失敗しても良いから書いてしまおう」

 と投げやりな気持で進めることもありました。

 継続して書いているうちに、書くことが目的化してきました。

 元々創作が好きだったのだと、思うようになりました。

 クリエイティブなことをしていると、とても充実した気持になるのです。

 1日が終わるとき、小説が何文字進んだかを考える癖がつきました。

 そこに満足感を感じて、次はどんなことを書こうかと次々に考えています。

 こうしていると、自分が作り出したキャラクターたちの感情が自分の感情として起こってきます。

 だから、怒ったり、時には死にそうになったりすると大変です。

 そんなときは、大抵憂鬱になります。

 でも、こんな感情に浸ることも、面白いところです。