山田の作品

クリエイターとして活動しています

声優

 声優にはランク制がある。

 見習いクラスのジュニアランクだとギャラが一律15000円で、最上位のAランクが45000円である。

 人気声優になると俳優と同じく、交渉でギャラを決めるようになるようである。

 ランク制は、ギャラを保証する制度であるが、ランクが上がったときに、それに見合う付加価値を明確化できないと、ランクが上がったために仕事が減ることになりはしないだろうか。

 Aランクの声優を1人雇うギャラがあれば、ジュニアランク3人雇える。

 詳しくはわからないが、調べてみたところ、そのような実情があるという話だ。

 声でキャラクターの感情を表現する、という仕事はやりがいがありそうだ。

 小説を、朗読する動画は多いが、声優さんにやってもらったらどうなるだろうか。

 そんなことを考えると面白そうだと思った。