期待し過ぎない

 期待値は、自分で設定するものである。

 何を期待するのかがまず問題になる。

「長編小説を書く」

 を目標とすれば、明確だが、長編小説を書ききるのは並大抵ではない。

 自分なら、

「1万字書く」

 とまず設定する。

 そして、

「3万字」

「8万字」

 と目標を段階的に上げていく。

 最近は考えなくなったが、

「書き始める」

 という目標も大事である。

 構想が不完全でも、始めてしまうと、頭が回り始める。

 思考はコンフリクトしやすい。

 アウトプットと、インプットがバランスいいときに、良い循環が生まれる。

 自分が書いたものを、文字にすれば客観的に見ることができるようになる。

 客観視できれば、修正点が明確になって、すぐに直せるようになるのである。