CBTについて

 資格試験で、自宅でインターネット受験できるものが増えた。

 初めて受けたのは、子どもの保健に関するものである。

 子どもが生まれるとき、病気のことや予防接種のことを知りたいと思って検定を受けた。

 パソコンで制限時間内にやらなくてはならないので、余裕はあまりなかった。

 この検定は、カメラで監視するわけではなかった。

 その場ですぐに採点結果が出て、合格証が印刷できる。

 次に個人情報に関する検定を受けた。

 こちらは画角が120度あるカメラで画面と手元を写して、映像をリアルタイムで確認するものだった。

 途中でネットワークトラブルが起きたので、一度検定協会に電話をしてからブラウザをリロードして復帰した。

 あと子どもが騒ぐ声が集中を妨げることもあったが、移動時間がかからないことと天秤にかければ、許容範囲である。

 自宅で受けられるのはありがたい。

 資格検定は、大学などを借りて会場にするが、移動時間を含めると、半日か1日潰れてしまう。

 自宅なら時間のロスがなくて合理的である。