小説を書って大変だYO~ んで言い間違い、書き間違いが減るんじゃね?

 文章を書く人って凄いと思ったよ~

 自分で長編書いてみたら、チョーしんどかったんよ~

 こんなに頭に血が上って、フラフラ~~ってなりながら書くんだね~

 文字を書いていたらさぁ、途中で煮詰まって挫けそうになるんだよね~

 そんなときはね。

「どうぅりりゃぁぁあぁぁぅ!! 」

 って感じで、気合いで書くんだのう。

 するとさぁ。筆が進むんだよう。

 そのときは、

「ふっ…… また、つまらぬ文を書いてしまった…… 」

 ってキメるんだけどさぁ~

 後から読むと

「んっ! まあ、こんなもんか。思ったほど悪くないんでないか? 」

 と思ってさぁ。

 いわゆるさぁ、考え過ぎだったってことね~

 何回も書き足すとさぁ~

 何書いてたか忘れるのさぁ~

 それなのにさぁ~

 何本も並行して書くからさぁ~

 情けないくらい忘れるのよ。

 んでもって、読み返すのね。

 するとさ~

 誤字脱字

 名前の間違い

 地名の間違い

 どんどん、出るわ出るわ!

 推敲何回もしちゃうわけ。

 自分が書いた小説だぜ?

 認知症か!

 自分忘れたら、登場人物、立場ないわぁ……

 でもさぁ。気付いたら文字の感度ってのかなぁ~

 言葉の認識能力ってやつかなぁ~

 格段に上ってんのよね。

 いっぱい書くから誤字脱字しまくるけど、

 短文なら一発で間違えなくなったのよ~

 これ、いんじゃね?