【ショート小説】幸せの重さ

f:id:yamadahideo:20211231180742p:plain

「はかり、買おうと思ってたんだよな」

 陽太は、スチール棚に並んでいたデジタルはかりに目を止めた。

「『わけあり、200円』って書いてある…… いくつか傷があるか。まあ、使えればいいや」

 ここは商店街のリサイクルショップである。

 所狭しと日用品が並んでいる。

 奥のショーケースには、ブランド物の時計や財布、アクセサリーがある。

 質屋と併設された、いわゆる質流れの品物を主に扱っている。

「お願いします」

 レジにはかりを差し出すと、お金を払った。

 リュックにしまい、単4電池をコンビニで買って帰った。

  東 陽太 は27歳。独身で一人暮らしである。

 雑居ビルの一角を借りて住んでいる。

 部屋はキッチン兼、リビング兼、居間兼、寝室のいわゆるワンルームで、風呂とトイレはユニットバス。

 洗濯物が干せる小さなベランダがある。

「さてと。昼飯にするか…… 最近食べすぎで、午後に眠くなるから、はかりでご飯の量をきちんと測ろう」

 ウインナーを茹でる。

 炒めるよりも、茹でた方が油を使わないし、塩分も抜けるので健康にいい。

 簡単なサラダも作った。

 いつも自炊しているので、深く考えずに作ってしまう。

 そして早速はかりに電池を入れると、茶碗を置いて電源を入れた。

「ん? 20グラム…… おかしいな。0合わせできないぞ」

 ごはんを茶碗に少しずつ盛る。

「やっぱりこのはかり、壊れてるな。20グラムから動かないや。わけありったって、使えないんじゃ話にならないな…… はあ。200円損した」

 結局、目見当でごはんをよそって、キッチンに立ったまま昼食を済ませた。

「一人暮らしだから、ついキッチンで食べちゃうんだよね…… 」

 陽太は食べ終わると、すぐに食器を洗って籠に収める。

 部屋は毎日掃除機をかけて、風呂もトイレも頻繁に拭いているのであまり汚れがない。

「ユニットだと、風呂に入りながら掃除できるから便利だな」

 こう思って、今の最低限のスペースしかない物件に決めた。

 快適さよりも機能性を重視する性格から、あまり余分なものを買わず、部屋にはパソコンと小さな折り畳みテーブル、そしてスチール棚が2脚、洗濯機があるのみだ。

「しかし、こんな不良品『わけあり』じゃなくて『ジャンク品』と書くべきだよな」

 200円とはいえ、損した気分がいつまでも抜けなかった。

 ピンポーン!

 ドアホンが鳴った。

「陽太。お菓子作ってきたの。一緒に食べましょう」

「おっ。ありがとう。どうぞ」

「おじゃましま~す」

  新田 由衣 26歳。1年ほど前から付き合っている。

 始めは喫茶店や商店街を歩いたりしていたが、お互い出不精なので、陽太の部屋でくつろぐことが多くなった。

「相変わらず綺麗な部屋ね。彼女としては、働き甲斐がないわ」

「物がないだけさ」

「あっ。はかりがある! ちょっと測らせて」

「それさぁ。俺の憂鬱の原因なんだよ」

「どうしたの? 」

「午前中リサイクルショップに行って、200円で買ったんだけどさ、壊れてやんの」

「そうなの?」

 由衣は電源ボタンを押し、持ってきたクッキーを置いてみた。

「40グラム…… そんなわけないよね」

 見た目で200グラムはあると思われる。

「やっぱりね。ほら。滅茶苦茶なんだよ」

 がっかりした顔で、ため息をついた。

「まあいいや。お湯沸かすよ」

「私がやるから座っててちょうだい」

 そう言って、紅茶を淹れてくれた。

「良い香りだね。今日はオレンジペコにしてみたけどいいかな」

「もちろん。ありがとう」

 紅茶やコーヒーにはこだわりがあって、いつもコーヒー豆や茶葉を数種類置いてある。 

「じゃあ。いただきます」

 由衣は自分のノートパソコンを取り出して開いた。

 2人は、各々パソコンをいじってゲームを始めた。

 『ラインクラフト』という、広大なバーチャル空間で、家を建てて暮らしたり、ゾンビや動物を倒してアイテムを手に入れたりして楽しむゲームである。

 このような目的を自分で決めるゲームを『サンドボックス』と呼ぶ。

 砂場遊びのように、自由度が高くて創造的な活動ができるのである。

 またプログラミング教育にも効果があるとされ、文部科学省が5年前から小学校を対象に実験的に取り入れている。

 売り上げも伝説的なパズルゲームである『テトラス』を抜いて世界1位になった。

 2人はバーチャル空間に家を建てて同居している。

「ねえ。クッキー美味しい? 」

 ゲームの中で由衣が話しかけてきた。

「美味しいよ。紅茶とよく合うね」

「よかった」

 陽太は、ふと はかり を見た。

 電源が切れていなかったので、数字が出ている。

「あれ? 50グラムになってる…… 」

 由衣が覗き込んできた。

「ホントだね。勝手に数字が変わるのは変だね…… 」

「待てよ。始めは20グラムだった。それが、さっき40グラムになって、今50グラムに…… 何か意味があるのかも知れない」

「陽ちゃんの気分が上がってきたから、数字が上がったんじゃない? なんてね」

 陽太は由衣を見た。

「まさかね…… 」

 ゲーム画面に目を移すと、赤いブロックがせり出して来るのが見えた。

「あれ? マグマかな…… 」

「大変! 家がマグマに飲み込まれるわ! 」

 ライクララインクラフト)の世界には、マグマが突然噴き出してくることが多い。

 人間がマグマに飲み込まれれば、ひとたまりもない。

「土で家を囲むんだ! 」

 2人は急いで堤防を築いた。

「ふう。何とかこれで大丈夫だろう…… 」

「ねえ。はかりはどうなった? 」

 由衣がまた覗き込む。

 数字が30グラムに下がっている。

「マグマに襲われたからかな…… 」

「…… 」

 陽太は考えた。

 はかりが壊れていて、ただ単に暴走しているだけかもしれない。

 だが自分の気持に連動して変わったと、こじつけることも、できなくはない。

「気になるな…… 」

 はかりを由衣の傍に置いてみた。

「どうしたの? 」

 数字がまた変わった。

「40グラムになった」

「由衣は、今どんな気分? 」

「楽しい気分かな」

 これが、気持を点数化しているとしたら、俺より楽しいということになる。

「もっと実験してみたいな…… 」

「それじゃあ、外に出てみない? 」

 

 2人は商店街に繰り出してきた。

「ねえ。一緒に外を歩くのって、久しぶりよね」

「そう言えばそうだね」

 陽太は、はかりを取り出した。

 人混みに入ると、数字がせわしなく変わっている。

「見てよ。数字が変わってる」

「さっきの話、もしかしたら本当に…… ちょっと貸して」

 由衣がはかりを持つと、

「70グラムだって。私ね。久しぶりに陽ちゃんと外出して、幸せな気分なの」

「待ってくれ。その話は夢があって面白いが、そんなことがあるわけないはずだよ…… 」

「そうだけどね…… 」

 ちょっとがっかりした顔をした。

 ハッとして、陽太ははかりを覗き込んだ。

「40グラムだ」

「なんか。ごめん」

「どっちなのよ…… 」

 しばらく歩くと、喫茶店で一休みした。

「ふう。外を歩くのも悪くないね」

「そうね。私はそのはかりが、気になってしょうがないのだけど」

 はかりを由衣に渡した。

「やっぱり、幸せを測っている気がするわ」

「うん。そうかもしれないな」

「あれ? 」

「どうした? 」

「0グラムだ…… 」

「え!? どういうことだい? 」

 彼女は隣を見た。

 スーツ姿の男性が、一人でコーヒーを飲んでいた。

 テーブルの一点を見つめ、顔色が真っ青である。

「ねえ。この人の『幸せの重さ』じゃないかしら…… 」

 陽太に耳打ちした。

「もし、そうだとしたら心配だな…… 様子を見よう」

 しばらくそうしていたが、その男性はスマートフォンを取り出した。

 何か操作をして、ポケットにしまった。

 そして立ち上がると、コーヒーが乗ったトレイを片付けた。

 陽太たちも立ち上がり、トレイを片付けた。

「追いかけよう」

 耳打ちをすると、2人は20メートルほど距離を置いて尾行した。

 男の足取りは重い。

 時々よろけながら、やっと歩いている感じだった。

「様子がおかしいな」

「そうね。こういう時、どうしたら良いのかしら…… 」

「今のところ、はかりの数字が気になって付いて行ってるだけだ。もう少し様子を見るしかないな」

 男はデパートに入った。

「どうしよう」

「行くしかないだろ」

 エレベーター前で待っていると、乗り込んだ。行先がわからないので2人も一緒に乗る。

 幸い買い物客が多くて、ロビー階である1階から乗る人で中がほぼ満員になった。

「これならバレにくいね」

「堂々としていよう。視線を合わせないように」

 男は屋上がある9階まで登った。

 考え事をしながら真っ直ぐ歩いている様子なので、2人が後ろにいることに気付かなかった。

 屋上へ出た。真っ直ぐに端のフェンスへ向かっている。

「まさか…… 」

「まずいな。よし! 俺に任せてくれ」

 陽太は、ズカズカと歩いて行って男の横から話しかけた。

「ちょっと、あんた。大丈夫ですか? 」

 男は立ち止まったが、俯いたまま目を合わせなかった。

 しばらく間があった。

「どちら様で? 」

 か細い声で聞き返した。

「私は 東 陽太 といいます。さっきカフェで見かけて、真っ青な顔をされているし、不幸なオーラを感じて、失礼ながら付いて来たのです」

「不幸なオーラ? へえ。妙なことを言いますね。オカルトですか…… 」

 由衣に目くばせをした。

 はかりを見せて、説明を始めた。

「私は 新田 由衣 と申します。にわかには信じられないかも知れませんが、このはかりは『幸せの重さ』を測ることができるのです」

「はぁ…… 」

「カフェで、偶然隣に座っていまして、重さが0グラムと表示されて、何か思いつめた様子でしたので陽太と一緒に付いて来ました」

「…… 」

「これから、どうするつもりだったのですか? 」

「はぁ…… 」

 大きなため息をついて、2人の方を見た。

「まったく…… 地獄の閻魔にも嫌われたか…… 死のうと思ってたんですよ。そう思って付いて来たんでしょう? 」

 少し話し方がしっかりしてきた。

 落ち着いた様子だったので、9階フロアの談話スペースへ移動した。

「お話を聞かせていただけませんか。死ぬなんて、尋常ではないです」

 席についた男は、またテーブルの一点を見つめた。

 自殺を止めることはできたが、顔色は変わらない。

 よほどの事情があるはずだ。

「はぁ…… 」

 また大きなため息をついた。

 テーブルの上には、幸せの重さを測る はかり が置かれている。

 依然として0グラムを表示している。

 このまま放ってはおけない。

「大垣 睦夫 です。はぁ…… 会社を辞めました。収入が無くなったので、死のうと思ったのです」

「…… 」

 今度は2人が言葉を失った。

 不景気の煽りで、失業者と自殺者は増えている。

 この人も、そんな不幸なサラリーマンの1人なのだ。

 どう言葉をかければいいのか思いつかなかった。

「僕は、絵に描いたようなリストラサラリーマンですよ。最後の方は、ほとんど仕事もさせてもらえず、1日中放置されて、気持的にも続けられない状況に追い込まれました」

 陽太の方を見ると、薄く笑って続けた。

「短い間でしたけどね、一生懸命働いたんですよ。毎日残業してね。段々周りの社員が辞めていって、自分の仕事量が何倍も増えていきました。それでも頑張ってこなしてきたんです。それで、次は自分の番が回ってきたんですよ…… あなたたちも覚えておくと良い。会社のために命を削っても、殺されるだけなんですよ。仕事に情熱を燃やしても、見返りなんか何一つない。僕はバカでしたね。自分に愛想が尽きました。妻にも、会社を辞めたことを言いだせず、こうして街をふらふらして、夜家に帰るんです。頭がおかしくなりそうですよ! どうです。何か言ってみてくださいよ」

「…… 」

 沈黙するしかなかった。

 陽太は一生懸命考えたが、かける言葉が見当たらなかった。

 自分では役不足で、またこの人が自殺に及ぶのではないかと思われて仕方がなかった。

 ヴヴヴ……

 不意に陽太のスマホが振動した。

 画面を見ると、由衣からSMSが送られていた。

 見ると、テーブルの下で悟られないように送ったようだった。

 文面は……

「沈黙したら、こちらも沈黙に付き合って。とにかく大垣さんに喋ってもらうのが最善の対応よ。不安な顔を見せちゃダメ」

 ちらりと、由衣を見て軽くうなづいた。

 しばらくそのまま、黙って座っていた。

 どれくらい沈黙していただろうか。

 先ほどより、迷いがなくなった分、気が楽だった。

「僕には、昨年結婚したばかりの妻がいます。お腹の中には、子どももいるんです。収入が途絶えたら、どうやっていけばいいんですか…… 出産も育児も、これからたくさんお金がかかるのに。妻は専業主婦なので、自分の収入だけ。1馬力なんですよ」

 大垣は2人を見つめた。

「そういえば、あなたたちはカップルですか? 」

「ええ。まあ。そうとも言いますね。自分でカップルだと言うのは抵抗ありますけど…… 」

 由衣が遠慮がちに答えた。

「ああ。すいません。僕は昔から、デリカシーに欠けた、気遣いができない人間なんですよ。だから、会社からも役に立たない人材だと、引導を渡されたんです」

「大変な状況ですね。想像ですけど、会社の経営状態が相当悪いのだと思います。これからもリストラは続くのではありませんか? 」

「…… 」

 また沈黙した。

「そうですね。リストラに遭っているのは自分だけではありませんよね…… すみませんでした。ちょっとお話を聞いていただいて、死ぬなんて、早まってしまったと思います。妻にきちんと話をしてみますよ」

 由衣は、はかりを大垣に見せた。

「20グラム…… ですか」

「僕が午前中に見た自分の数値と一緒ですよ。僕はそんなに不幸な人間だと思いませんが、時々気が塞ぐこともあります。そんな時には、いつでも相談してください。これも何かの縁だと思います」

 大垣の表情が、少し血の気を取り戻していた。

 2人は1階出口まで送ると、名刺を手渡した。

「このはかりは、持って行ってください」

 陽太が由衣から受け取って、差し出した。

「いやいや。そんな訳には…… 」

 笑顔を返して、手に押し付けた。

「僕たちには、必要ないです。大垣さんのような方が、ご自分を客観的に見るために測って活用してください」

 去り際に、小さく会釈を返してくれた。

「ふう…… はかりのお陰で人を一人救えたね」

「そうね。きっと大垣さんはもう大丈夫よ。そんな気がするわ」

「SMSをくれて助かったよ。正直どうしようか、こっちも青くなってたんだ…… 」

「私の方が、後ろにいたからね。とっさに厚生労働省のHPで調べたの。メンタル系は、専門家の説明を調べるのが一番だからね」

「俺も、励ましたりして、本人が笑顔を見せても、反対の行動を取ることが多いって聞いてたからさ。『最近元気になったな、と思ったら自殺しました』って話、良くあるらしいんだよ」

「ちょっと疲れちゃった」

 陽太の部屋に戻って、またライクラを開いていた。

 ヴヴヴ……

「あれ?」

 SМSだ。知らない番号だった。

「誰だろう…… 」

 内容はこうだった。

「大垣です。

 先ほどはありがとうございました。

 妻に話したところ、薄々気付いていてどう切り出したらいいか、迷っていたそうです。

 毎日顔を合わせているのだから、解っていたと言われました。

 本当に、馬鹿なことを考えていたと思いました。

 お2人に、妻もぜひご挨拶したいとのことでした。

 もし可能であれば、今すぐに伺いたいのですが」

「えっ。今すぐ? 」

 ヴヴヴ……

 今度は電話だ。

「もしもし。大垣です。先ほどはありがとうございました。お陰様で、妻に話してすっきりしました。お近くにお住まいのようですので、今から伺ってよろしいでしょうか」

「安心しました。では、お待ちしてます…… 」

 通話を切った。

「今すぐ来るの? 」

「そうみたい」

 

 ピンポーン!

 ドアホンが鳴った。

「こんばんは。大垣です」

「どうぞ」

 ドアを開けると、夫婦で入ってきた。

「妻の実憂です。主人を助けていただいたそうで…… 何とお礼を申し上げたら良いのか…… 」

 涙をハンカチで拭った。

「お2人に出会わなければ、どうなっていたか…… 本当にありがとうございます」

「これ。僕にはもう必要なくなったようです。お返ししますよ」

 100グラムになっていた。

「これから、2人でアルバイトをして当面は何とか凌いでいくことにしました」

「そうですか。良かったです。おなかの赤ちゃんも大事にしてくださいね」

「夜分失礼しました。また改めて、お礼に伺います」

 大垣夫婦が帰って行った。

 

 またライクラを始める。

 由衣がキッチンに立ち、夕飯の支度を始めた。

 しばらくゲームに没頭していたが、ちらりと はかり を見た。

 200グラム……

「由衣。人助けをすると、幸せを分けてもらえるみたいだね」

「私も、とっても幸せな気分よ」

「なあ。一緒に暮らさないか? 」

 由衣が振り向いて、笑顔を向けた。

「嬉しいわ…… 」

 

 

この物語はフィクションです