病院送り

 病院送りというと、意図的に怪我をさせて病院に入院させる感じがする。

 暴力的なイメージを感じてしまう。

 武道の稽古をして、骨折したことはあるが入院しなかったので病院送りとは言わないのかもしれない。

 直接的ではないが、稽古のし過ぎで肺炎になって入院したことはある。

 柔軟体操で、無理な負荷をかけて靭帯を切って、人工靱帯の手術を受けた人もいた。

 昔読んだ不良漫画で「病院送りにしてやる」みたいな台詞はよくあった。

 小説や漫画に、不良や反社会的勢力が出てくることもある。その台詞で出てきそうな言葉である。

 人間の体は、生き死にで考えれば意外と丈夫だが、障害を負うレベルで考えると、結構もろい。

 急所を突かれれば、重症を負うこともある。

 例えば目や肝臓は、容易に触れることができる部位なので、大怪我する可能性がある。

 いずれにしろ穏やかではなさそうな言葉だ。