不正行為

 試験の不正行為で、聞く言葉である。

 自分の実力で乗り越えるべきことを、カンニングをして不正に合格しようとすることを指す。

 自分が学生だったころ、カンニングペーパーを一生懸命に作っている人を見たことがあった。

 また、ある大手出版社の教材に、カンニング用と思われるシャープペンシルがついていたこともある。

 これには目を疑ったが、もちろん使わなかった。

 カンニングペーパーを作る時間があるなら、頭に叩き込めばいいと思う。

 また、CBTによる資格試験ではどうだろうか。

 個別に考える必要があるが、自宅で受験する限り100%不正行為がないとは言い切れないのではないかと思う。

 ある試験をCBTで受験したとき、ネットワークのトラブルが起こったため、検定協会に電話するために席を立った。

 これは実施要項に、記載された通りの対応だったのだが、その気になれば参考書を見ることもできた。

 公正な試験が行われるように願うばかりである。