作家について

 作家活動を始めてから、生活が一変した。

 それまでは資格取得と、読書をしていた時間がワープロを叩く時間になった。

 そして、恐らく一日中頭の片隅に小説の構想が貼り付いていて、頭がマルチタクスになった。

 仕事の能率は、下がるどころか上がったと思う。

 特に、苦手な事務処理が飛躍的に速く正確になった。

 文字に対する感度が上がったので、スライド資料を作っていても、4倍位の速度で作っていると思う。

 ストーリーを作るということは、言葉の機微を感じ取って、精緻に組み立てる作業なので、ちょっとした間違いにはすぐに気づくのである。

 作家であるということが、こんなに副産物を産み出すとは思わなかった。