手帳を使ってよかったこと

今週のお題「手帳」

 

電子手帳の時代に、紙媒体の大きな手帳を使っている。

自分は、新しい映像メディアを積極的に取り入れるし、

パソコンも得意な方だし、

タブレットスマホでプレゼンしたりしているが、

手帳は紙である。

同僚や上司に、あからさまに手帳アプリを勧められるが、

紙にこだわる理由がある。

まず、メモを取る頻度と読む頻度が多いからだ。

コンマ1秒も無駄にできないときがある。

仕事を管理していて、一瞬遅れたために失敗することがある。

そんな刹那の時間を管理するには紙媒体の方が優れている。

そして、手帳の威圧感がある。

手帳をテーブルに置いて、面談したり商談したりする方が、

相手に威圧感を与えられる。

そして、ペンで書いている方が、

タブレットスマホをたたくよりも、

気になるものだ。

そんなポーズのために持っているところもある。

多分あと何年かで、そんな時代が終わるのかもしれない。

そして自分も変わるだろう。

時の流れとはそういうものだ。