作品を自分で評価する

 他人の評価を聴くと、半分は別の意図が含まれている。

 出版社の編集者は、商品になる文章かどうか。

 文章を書く友人なら、自分自身の創作と比べて創作体験から参考になる部分を指摘する。

 小説の評価は難しい。

 創作性の部分を、直接評価しようとすると、自分の体験を話してしまいがちだ。

 実体験が大事だ、と話すために、昔読んだ有名な作品や、ミリオンセラーになった作品の一節を話して、納得させようとする。

 信憑性ある話にするために、致し方ないが、有名な人と比べると、反論しづらくなる。

 どんな大家の実例であろうとも、一つの論には必ず反論がある。

 他人の評価には、限界があるのだ。

 最終的に、誠実な評価を期待できるのは、自分自身しかいない。

 自分の主観をできるだけ排除して、過去の実例を引かずに、時間をおいてから読み直すのが最善の方法である。

 また、自分が判断を下せば、責任を取れる。

 失敗したら、評価し直せばいい。