何かが変わるとき

 静かに考える

 少し書く

 文字を研ぐ

 目を閉じて

 頭を空にする

 液体のような何かが動いている

 まだ形を帯びていない

 本気で考え込むと

 落ちていく

 上も下もない

 目を開けて

 書いたものを

 読みかえす

 なかなかいい

 何かが変わってきた

 そして

 また書く

 一気に流れ出るであろう液体は

 まだ形を帯びていない

 無駄弾を

 充分打った

 あとは待つのみ

 押しながら待つのみ

 

 筆が進まなくなっていますが

 もうすぐ何かが始まります

 文章が

 見えるようになってきました

 行間が

 見えると言った方がいいでしょう