創作すると、読む行為が変わる

 「筋を読む」というのかわかりませんが、

 毎日新しいストーリーを、考え続けるうちに、

 読むときにも、考えるようになりました。

 無意識のうちに、数本の筋が見えてきて、

 同時に作り出しています。

 作者の苦悩も、本当の意図も、

 ストーリーの裏から浮かび上がります。

 機械をみて、内部の構造を瞬時に理解するように。

 物語には、必ず人生の機微が表れます。

 教訓めいたものが、見え隠れします。

 人間の奥深さを、どこかで見たような展開の、さらに裏側に感じるのです。

 この世に、どんな物語とも類似性がない小説はありません。

 奇抜なタイトルをつけても、無駄でしょう。

 心に残る、よい作品は、ストーリーの美しさが創りだすのですから.

 オリジナリティは、関係ないはずです。

 創作するときに、本質を見失わないようにしたいものです。