リアル二刀流/ショータイム 大谷 翔平選手

 花巻東高校へ進学したとき「日本一になる」「日本人最速となる160kmを記録する」「ドラフトで菊池雄星を越える8球団から1位指名を受ける選手になる」と言い切ったことが印象深いです。

 その後も「世界一の投手になる」など、大きな目標を掲げ、それに本気で取り組んだのだと思います。

 野球を普段見ない人でも、大谷選手の名前は知っているほど、有名になりました。

 初めて知ったのは、数年前、妻に、

大谷翔平選手知ってる」

 と聞かれ、

「えっ。

 野球の選手」

「あれ、知らないの」

 と言われて調べました。

 今でも、現実味が感じられないほど、すごい選手だという認識です。

 体つきが、日本人離れしていて、どうやったらあんな筋肉がつくのか、と肩回りを見て思いました。

「大谷が、ホームランを打たなかったことがニュースになる」

 とか

ベーブルース以来の、リアル二刀流」

 などと、価値観がひっくり返ったような報道がなされます。

 趣味がないとか、移動のとき読書をするとか、車は電気自動車とか、実直な人柄を感じさせるエピソードも興味深いです。