いっそのことメタバースする

 バーチャル世界に家を作る遊びが流行っています。

 自由度が高いと、思い通りの表現ができるため、感情移入していきます。

 昔は、実体験が大事だと思っていたが、現実世界で不可能なことを可能にする仮想空間も使い方次第で役に立ちます。

 特に、子どもの教育においては発達段階に関係なく知識を獲得していくことがわかります。

 例えば地底を掘り進んで、さまざまな鉱物を掘り当てた幼児が石や宝石、元素の名前まで覚えてしまいました。

 政府は、仮想空間と現実空間を行き来する社会を明確に示しています。

 インターネットを情報源として活用するだけでなく、生活インフラとしての機能が年々増えてきています。

 リモートで子どもが勉強して、宿題を提出するようになると、実技科目以外は在宅でできてしまう気がしてきます。

 仕事は在宅勤務が増えてきたので、オフィスの数が年々減っているそうです。

 リモートワークが増えると通勤ラッシュが緩和されそうです。