人気の「アーニャ・フォージャー」というキャラクターについて

 4,5歳児で、テレパシーを使ったり灯との考えを読んだりする能力を持ちます。

 知能が高いようで、年齢不相応の大学に入学するほどだとか。

 しかし、噓つきでカンニングを平気でする。

 明るく無邪気な反面、心に闇を持っていそうです。

 頭が良くても、幼児なので当然知識は少なく一般常識にも疎いです。

 キャラが濃いので、いいストーリーができそうです。

 超能力のように、現実にありえない設定では特にリアリティが必要です。

 物語を面白くするためには、話の筋を中心に展開するので無理がきます。

 絶対に不可能な行為や、矛盾した流れがでてくるものです。

 大抵は、書き上げてから気づきます。

 でも、それをすべて修正すると、物語がつまらなくなるかもしれません。

 ツッコミどころがあるから魅力が残るのだと思います。

 超能力はそこら辺をボカシてくれます。