ノーと言える日本人

 自分は自称「ノーと言える日本人」である。

 問題場面に遭遇した時、あるべき姿をきちんとイメージしていれば言える。

 ただ押しが強いのではなくて、問題を具体的に解決しようとしているかの違いである。

 また、何をもって「解決」とするかを決めているかも分かれ目になる。

 例えば、電車の乗車マナーのキャンペーンを張るときに、

「皆で席を譲りあいましょう」

 と呼びかける程度では効果が薄い。

 もっと具体性のあるキャッチが必要である。

「あなたの思いやりが、誰かの思い出になる」

 という優れたコピーもあった。

 個人的な目標を立てるなら、

「妊婦や障害者が近くにいたら席を譲る」

 という具合に、対象と状況を明確に決めるべきである。

 お年寄りに席を譲ろうとするときには、トラブルが起きやすい。

 「お年寄り」の定義が主観的だし、年齢が同じでも足腰の強さはまるで違う。

 80代でも毎日2万歩、歩いて畑仕事もしている人もいるくらいだ。

 プライドを傷つける可能性もある。

 だから自分なら上記のように目標を立てる。

 想定外の場面では、その時考えればいい。