2021-10-07から1日間の記事一覧

無から有は生まれない

無には3つの意味がある。 1 何もないこと。存在しないこと。「―から有を生ずる」⇔有。 2 哲学の用語。 ㋐存在の否定・欠如。特定の存在がないこと。また、存在そのものがないこと。 ㋑一切の有無の対立を超え、それらの存立の基盤となる絶対的な無。 3 …

アイデンティティ★現代人は個性を煽られている

アイデンティティとは、個性と言い換えられる。 個人、民族、組織、集団、国など、さまざまなレベルで使われる。 アイデンティティというと、皆で話し合って決めたり、昔の歴史を紐解いて軌道修正したりできるような気がする。 だが、個性というと個人のパー…

アリとキリギリス

子どものころ、アリを観察するのが好きだった。 地面を見ると、いつでも小さなアリを見つけることができた。 ときどき、大きな葉っぱなど自分の体の何倍もあるものをせっせと運ぶ。 子どもはいじわるで、その荷物を取り上げてしまったり、水をかけたりする。…

苺と批判主義

「苺は、草になる。 草になる果実は、野菜である。 ゆえに苺は野菜である」 こんな話を聞いた。 三段論法だとこのようになってしまう。 苺は果物であることは疑いようがないが、 なぜこんなことになってしまうのだろうか。 このような例外はどこにでもあるも…

若者は、明日死ぬかのように生きよ。 老人は、永遠に生きるかのように学べ。

「明日死ぬかのように生きよ。 永遠に生きるかのように学べ」ガンジー 先日10代の若い人たちとコラボしたイベントをファシリテートした。 60代の社会的地位のある人たちに、取り組みを発表したところ、 「10代の人たちの作品とは思えません。 こんなに…