【小説】私はロボットだから、絶対に忘れません。2

※「私ロボット」タグからページ一覧を見られます。

エクレア、起動

 殺風景な研究室に、スパコンを冷やすクーラーの動作音が響く。

 キーボードを叩く音が止むと、3人はエクレアを囲んで向かい合った。

「新谷君。エクレアを起動する前に伝えることがある。 」

「何ですか。改まって。 」

 大木が、新谷の肩を叩いた。

「エクレアを君に託す。目的は話したな。 」

「はい。エクレアは、人間社会に溶け込む必要があるんですよね。 」

「そうだ。広範囲を一瞬で消滅させる兵器は、ミサイルで飛ばすよりも、潜入させた方が効果的だ。 」

「理解しています。抵抗はありますが、逆らったりしませんよ。 」

「うむ。それならいい。 」

 村山は、スパコンに何か入力した。

「最終調整が終わりました。いつでも行けます。 」

「では、新谷君。起動ボタンを押してくれ。 」

 研究室は、200畳ほどの空間である。

 3分の1くらいを占めるスパコンが、エクレアに膨大なデータを転送し、あらゆる状況をシミュレーションしてきた。

 画面上でやり取りをしてきただけで、実際に動かすのは初めてである。

 見慣れた研究室が、妙に広く感じた。

「テープカットとか、くす玉とかないんですね。それっ。 」

 エクレアのうなじに手を回し、ボタンを押した。

「絵的に、ちょっとエロくなるな。 」

 村山が笑う。

 女性に、のしかかったような格好だ。

「変なこと言わないでください。 」

 鳶色の双眸が開かれた。

 新谷は顔を覗き込む。

 大木は、固唾を飲んでエクレアを見つめていた。

 遠目に見れば、すぐにロボットだと分からないほど良くできている。

 本当に美少女アイドルが、作業台で眠っていたかのようだ。

「……。 」

 ゆっくりと上半身を起こした。

 部屋を見回しながら立ち上がると、3人をじっくり眺めている。

「新谷 修二さん、29歳。大木 幸三さん、52歳。村山 泰正さん、43歳。ロボット研究者……。 」

「おおおっ! 成功だ! 」

 拳を突き上げ、村山がガッツポーズを取った。

「僕を、最初に呼んでくれたね。 」

 エクレアの髪は栗色に輝き、スラリとした8等身の完璧なバランス。

 そして、あらゆるパターンを解析し、最も好感を持たれる声質にした。

「女性の、良い声の要素は4つ。高く、少しハスキーで、落ち着いた、甘い声だ。 」

 力強く村山が言う。

 エクレアが、新谷に向き直った。

「新谷さん。修二さん。修ちゃん。呼び方はどれにしますか。 」

「修ちゃんで。 」

 答えたのは村山だった。

 新谷が、ちょっぴり顔を赤らめた。

「新谷君。エクレアを連れて、散歩でもして来てくれ。 」

 ドアへと新谷を促した。

 ずっと軟禁状態だったが、時々外出を許されていた。

 とはいえ、目的なく外を歩くのは3年ぶりである。

 しかも、女の子と一緒に。

「あの……。僕一人で良いんでしょうか。 」

「さっさと行ってきなさい。任務も忘れないようにな。こっちはデータを取る。そして、楽しんで来なさい。 」

 大木はすっかり父親のようになって、新谷を諭したのだった。

 

 研究所の出入口は、カフェ「KIZA」に通じている。

 もちろん、政府関係者が常駐していて、秘密の隠し通路を守っていた。

「キザさん。コーヒーセットを2つください。 」

 カウンターに座ると、マスターの木崎に声をかけた。

 出入りするときには、必ず声をかけて、コーヒーを一杯飲むことになっている。

 店内には、コーヒー豆の香ばしさと、ジャズの音が満ちている。

 今日は深入りローストコーヒーの香りが立ち込めていた。

 まさか、地下の殺風景な研究所に、通じているとは思わせない空間があった。

 小さな店内には、カウンター席数脚と、テーブル席が2つある。

 一般客が来ることもあるので、様子を見てから外に出るために一息つくのである。

「やあ。新谷君。彼女と一緒で、ご機嫌だね。 」

 エクレアは、魅力的な女性だった。

 まだほとんど言葉を発していないが、村山が完璧な女性に仕立てたのか、立ち居振る舞いが柔らかく、見ているだけで心が和む。

 木崎はドギマギした表情をしたところを、見逃さなかった。

「違います。いや、違わないんですけど……。エクレアと散歩に出ます。 」

 親しくすることも任務の内だった。

 エクレアは、静かな眼差しで新谷の横顔を眺めた。