「奇襲戦法」を調べると

 調べると将棋の奇襲戦法がたくさんヒットします。

 有名な「鬼殺し」は、受ける手も奇抜なので知らないと一気に負けてしまいます。

 自分は級位者のときから「早石田超急戦」を研究していました。

 「石田流」は江戸時代の石田|検校《けんぎょう》が考案したといわれています。

 「検校」は盲目の棋士のことです。

 江戸時代の将棋の記録である棋譜がたくさん残っています。

 昔は強敵に巡り合う機会が少なかったようで、相手に配慮してわざと負けた棋譜もあります。

 駒落ちというハンディキャップをつけた将棋も多いです。

 石田流は、アマチュア棋士に人気の戦法です。

 プロ棋士が書いた本で、集中的に勉強していれば棋力に関係なく勝てます。

 ダイナミックにコマが躍動して、|上手《うわて》を翻弄できると痛快です。

 ただし、相手が手に乗ってこないと、自分が描いた構想通りになりませんけど。

 将棋道場で初勝利をあげた戦法は、早石田だった気がします。