小説家★山田の作品

小説家を目指して文学賞に挑戦しています。自分磨きのためにジャンルを問わずに書き続けます。

年賀状★来年は丑年だから、牛の写真を撮ろう

「来年は丑年だから、牛の写真を撮ろう」

 昔は10月になると、写真入り年賀状を頼んだものだ。

 早期割引で30%引きになるからだ。

 そして、去年来た年賀状の数を数えて、必要枚数を予測する。

 もっと昔は、はがきサイズの版画を作ったこともある。

 彫刻刀で「賀正」と干支などと彫るのである。

 市販のスタンプやシールを使ったこともある。

 はがきサイズの中に、エネルギーを込めて作ることが恒例行事であった。

 しかし、最近は年賀状が極端に減った。

 職場でも「個人情報を守る」という名目で、年中行事も一緒に抹殺された。

 多くの人がパソコンのデータベースを印刷して、宛名を一気に作る。

 そしてボールペンで一言書きもしないと、

「もう年賀状はやめましょう。お互いのために」

 と暗に言っている。

 ここまでの話は親しい間柄や、普段顔を合わせる機会がある人とのやり取りが多い。

 もう一つ別の問題がある。

 フォーマルな付き合いで送る年賀状である。

 例えば取引先企業や、顧客への挨拶である。

 これは、やめると影響が大きいので、なかなかやめられない。

 だが受け取った側は、

「今年も送ってくれた。ありがたい」

 とは、決して思わない。

 だからと言って、メールやSNSでは、年賀状よりも読まれないだろう。

 減っていくことは否定できない事実である。