ヤマタノオロチ

f:id:yamadahideo:20220322173255j:plain

 8つの頭を持ち8本の尾を持つ最恐の怪物とされる。

 頭がたくさんある怪物には異様な威圧感を感じる。

 デュアルプロセッサのように、それぞれが連携して高い能力を発揮するかも知れない。

 真言宗などの、密教の神は超人的な能力を顔や手の数で表現する。

 千手観音、阿修羅像などがそれである。

 日常生活の中で

「腕がもう一本あれば」

「もう一人自分がいれば」

 と思うことがあるが、その無理な願望を神様は叶えているようだ。

 超人的な能力を視覚的に表現するときには有効だろう。

 技術革新を賛美した未来派の表現にも見られる。

 最近はあまり見かけないが、慌てて走る様子を、足をたくさん描いて表現することがそれである。

 もしもそれぞれの頭が独立した意志を持って、性格が違ったらどうなるだろうか。

 兄弟喧嘩のように言い争いが始まるのではないだろうか。

 首が8本あって、8種類の性格が同居していたら、リーダーが必要になるだろう。

 しっぽが8本あることも、計画的に動かさないともつれそうである。

 何となく「ダメヤマタノオロチ」の図像が浮かぶ。