ふらりとやって来て、ピアノに向かった自分に、売り子さんは笑って世間話を始めました。でも、弾き始めたら、外からも人が集まってきたのです。

 「もしもピアノが弾けたなら」の歌詞は、

 僕にはピアノがない。

 腕もない。

 と歌っています。

 ピアノを見かけると、弾いてみたくなる自分は、思い浮かべてしまいます。

 「ピアノがなくて、腕もなかったらロマンチックなんだろうな」

 ふらりと入った楽器屋さんで、つい座ってしまい、売り子さんと談笑しました。

「いやぁ。息子と娘に習わせてましてね。本格的なのを買おうかと……」

試弾ということで、店員さんが高そうなグランドピアノに案内します。

「こんなピアノで練習したら、腕が上がるでしょうねぇ」

 などとニヤニヤ笑いながら、

「じゃ。ちょっとだけ叩いて良いですかね」

「どうぞ。どうぞ。世界最高のピアノの音に近いんですよ」

 などと笑顔で答える。

 そして、目を閉じて両手を、鍵盤の定位置に構えた。

 モーツァルトの曲を編曲したオリジナルメドレーを弾き始めた。

 他の店員さんもやってきた。

 遠巻きに他のお客さんが、呆然と眺めていた。

「ああ。お父様が弾くのですね。ははは。これだけ弾けるのなら、ピアノの違いがお判りでしょう」

 自分はクラシックピアノを習っていました。