できないときどう切り抜けるか

 自分にはできないことを、やらなくてはいけない場合どうするだろうか。

 他人に頼むのも手だ。

 他人がいない場合はどうするか。

 緊急のときには。

 人命にかかわるような重大な場面では。

 自分の能力を超えた事態に対しては対処できない。無理もない。

 でも、そんなときにどうするかが人間の真価だと思う。

 対処できないときに、やらなくていい理由を探したり、どうしてそんな仕事があるのかなどを考える人が身の回りにもいる。

 このような考え方は他罰的で、病理的である。

 メンタル不調が多く発生する職場は、他罰的な考え方がまん延しているという統計データがある。

 場面にもよるが、その時はできる限りのことをやり、同じ場面に遭遇した時のための備えをするのが最善であろう。

 とくに、人命に関わるときには、最善を尽くさないと刑事罰の対象になる可能性さえある。