【ショート小説】「RESTORE」~復活の蔵~

f:id:yamadahideo:20211230115818p:plain

不思議な蔵

 

「あっ。これこれ。この蔵がお目当てなのよ」

「へえ…… これが『復活の蔵』ね。なんか神秘的な感じするわ」

「でしょ」

「これで、今年のクリスマスは元カレと寄りが戻るかもね…… 」

「だと良いけど」

「鰯の頭も信心からよ」

 うちの庭には、白壁の蔵がある。

 隣が神社になっていて、パワースポットだという噂が立ち、この蔵を『復活の蔵』と呼んで、写真に収めようとたくさんの観光客がやって来る。

 なぜか恋愛の寄りを戻す『復活の蔵』と誰かがネットで広めたようだ。

 他人の家の庭にズカズカ入っても、罪悪感を感じないのは神社と繋がってるせいだろう。

「何となくその心理はわかるんだけどね…… 」

 十蔵は、窓から庭先を眺めていた。

 『恋愛復活』と書いた、蔵のストラップをせっせと作っている。

「家の庭の通行料として、500円いただきますよ」

 こうつぶやくと、完成したストラップをケースに詰めて、神社へ運んだ。

 蔵の人気のおかげでストラップは、バカ売れしている。

「恋愛復活の秘訣は『復活の蔵ストラップ』を付けたからです」

 萌えキャラのインフィード広告を付けた、こんな呟きをSNSで拡散している。

「買い忘れた方には、通販もいたします。遠方で、なかなか参拝できない方には、代わりに願掛けをさせていただきます…… っと」

 広告のコツは、常に新しい付加価値を感じさせる戦略を、立て続けることである。

 十蔵は、試行錯誤をしてそれを熟知している。

 だからいつも蔵の傍に何かを置いて、新しい景色を感じさせる工夫をする。

 そこに気づく人もいて、リピーターもいる。

 ちなみに今はピンクのハートを貼っている。

「これって短絡的な演出なんだけど、蔵と一緒に見ると神秘的に見えちゃうんだな…… 」

 幼い頃から蔵と共に育ち、名前にも『蔵』がついている。古風な名前だし、この家の住人という感じがする。

 高校2年生で、16歳の津村十蔵は、アルバイト感覚でいつもストラップ作りをしている。

「はいよ。今日は何人来るかねぇ」

 弟の蔵人は社務所担当である。交代で制作と販売を分担している。

 こうして座っているだけでかなりの稼ぎになるのだが、日がな一日こうしていると退屈である。

 だから蔵人もSNSをアップしたり、通販の発送作業を社務所でしている。

 おかげで津村兄弟は文章を書く力がついたようで、国語のテストは大抵満点だった。

 蔵やキャラクターのイラストは十蔵が書いて、ハメパチにしたり、UVインクジェットプリンタープラ板に印刷したりする。

 この蔵は、津村家を支える重要な観光資源だった。

「十蔵、今日は仕事だから、後は頼むぞ」

 父は大手広告代理店の広告マンなので忙しい。津村兄弟が蔵をSNSで宣伝し始めたのも、父の影響が強いのである。

 

何が真実か

 

「ちょっと、兄ちゃん。これ見てくれよ…… 」

 社務所の様子を見に行くと、蔵人が暗い眼で何かを訴えてきた。

「どうかしたのか? 」

「うちの蔵のこと、批判する奴がでてきたんだ…… 」

 そのSNSはこんな内容だった……

「私はこの蔵のことを良く知っています。

 恋愛復活とか、心願成就とか書いて高額なストラップを売っている悪質商法です。

 蔵にご利益があるなんて話は、事実無根です。

 この家に住む兄弟がデッチ上げて、商売のために作った話です。

 騙されないでください   Restore00001」

「なるほど。大胆な書き込みだが、否定はできないな…… 」

「兄ちゃん! 他人事みたいに言うなよ! ついさっき書き込まれたみたいだ。心当たりはないかい? 」

「うん…… しかし、悪質商法とまで言われたくないな。これが悪質だったら、父さんの仕事はすべて悪質商法だ。自分でいつも自嘲してるからな…… 」

「俺は悔しいよ! こんなことを書かれて。一生懸命にストラップを作って、こうして一日中社務所に詰めて仕事しているのに。このRestore00001って、どこの誰だよ! 」

「まあ、落ち着け。今のところ、復活の蔵のあり方を批判しただけで、誹謗中傷したわけじゃない」

「だけど…… 」

「そもそも、この蔵の人気が出たのは何でだったかな…… 」

「わかんないんだよ。突然たくさん人が押し掛けるようになったんだ」

「じゃあ、俺たちが客寄せをして始まったわけじゃないな。でも、最近は事実無根なことも書いている。でも釈然としないなぁ」

「でしょ。兄ちゃんも、もっと怒っていいんだよ」

「ちょっと待て。それなら、この書き込みをした人と直接話すべきじゃないのか? この書き込みからは、何を訴えたいのかはっきりしないし…… 」

「わかったよ…… 」

「それじゃ、兄ちゃんがこの人にダイレクトメッセージを送ってみるから。蔵人は何もするな」

 十蔵は、冷静に、さっきのつぶやきを分析してみた。

 

『この蔵のことを良く知っています』

 まずこの文。

 近所に住んでいるのかもしれない……

『高額なストラップ』

 ここも引っかかる。

 500円は観光のお土産として、適正な価格だ。

 普段使いのストラップとして考えると、キャラものでもないのに少し高い感じはする。

 だから、近所の人が文房具屋さんやファンシーショップのストラップと比べて、高いと言っている可能性がある……

悪質商法です』

 値段が高くても、悪質商法に当たるほどではない。

 高いと思ったら、買わないで帰ればいいだけだ。

 売りつけてはいない。

『蔵にご利益があるなんて話は、事実無根です』

 ご利益があった神社があるのだろうか……

 神社仏閣で願掛けをするのは、何か具体的な見返りがあることを期待しているわけではない。

 気休めや、習慣、自分の決意表明などが入り混じった、曖昧な目的で拝むものだ。

『この家に住む兄弟』

 自分たち兄弟が交代で社務所にいるから、両方を知っている人物ということになる。

 1度や2度来たくらいでは、兄弟だけでやっていることを知ることはできないはずだ。

『デッチ上げて、商売のために作った話です』

 これはその通りだが、始めは自然発生的だった。

 それに、どこかの神社のご利益のようなものに真実があるのだろうか。

『騙されないでください』

 ストラップを買わないように啓発しようとしている。

 なぜ妨害したいのだろうか……

 

「やっぱり、何か変だね…… さすが兄ちゃんだ。こうして分析すると、近くの人が書いた気がする」

「遠くの、面識がない人が、いたずらしたとすると、不自然な点が多い…… 」

「復活の蔵」誕生秘話

 

 蔵人を社務所に残して、家に帰った。

「さてと。Restore00001にどうアプローチするか…… 」

 しばらく考え込んだ。

「あまり批判的な事を書くと、態度を硬化させるだろうな…… 基本的に、お客さんの一人として扱おう。この蔵に興味を持って、関わる人は皆お客さんだ。例え批判的であっても、攻撃的なことを返してはいけない…… 」

 パソコンを起動して、ワープロを立ち上げた。

「Restore00001様

 この度は、蔵に関する貴重なご意見をいただき、ありがとうございます。

 私はこの蔵の所有者である、津村蔵之助の息子の十蔵です。

 つぶやきを拝読したところ、お近くにお住まいの方ではないかと思いました。

 ご指摘の通り、弟の蔵人と一緒に、社務所で蔵ストラップの販売を行っております。

 ご心配をおかけしたかと思いますので、これまでの経緯を説明させていただきます。

 まず、この蔵を『復活の蔵』として恋愛復活のご利益がある、と拡散したのは私共ではありません。

 ある日突然観光客が押し寄せるようになって、このような噂が広まったのではないか、と弟の蔵人が申しておりました。

 私は、いつどのようにして人気が出たのか思い出せず、弟の言うことを信用しています。

 最近は、様々な演出をして神秘性を感じさせるなどの、広告戦略をしていることも事実です。

 ご指摘いただいた、ストラップは500円で販売しております。

 この価格はお守りや観光のお土産として適正な市場価格であり、悪質であるという認識はございません。

 価格は、私と弟が日夜制作している手数料、材料費、設備投資、社務所に詰めるという労働の対価を上乗せしたものです。

 他にご質問や、ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

 もし込み入ったお話になるようでしたら、直接お越しください

     津村十蔵」

 蔵人にも文面を見せた。

「うん。これなら、こじれないと思うよ。誠意ある対応だね。僕はちょっと感情的になってたよ…… 」

「もしかしたら、Restore00001が社務所に来るかもしれない。そしたら、俺に電話をかけて呼んでくれ」

「わかった。何だか安心したよ」

 ネガティブな事を書かれても、復活の蔵の人気に影響はなかった。

 しばらくは何ごともなく観光客が訪れ、ストラップを買い求めて行った。

 

 そんなある日のこと。

 せっせとストラップを拵えていると、蔵人から電話がかかってきた。

「大変だ! 兄ちゃん! 来たよ」

 小声でささやくような声だが、興奮している。

「何が? 」

「例の人だよ! 」

「ん? …… おおっ! 今行く」

 夜6時を回ったところだった。

 高校から帰宅して、ボーッとしていたところに、ついにやってきた。

 サンダルを突っかけて、小走りで社務所へ向かった。

 すると、社務所の前に十蔵と同い歳くらいの女の子が立っていた……

「こんばんは」

 とりあえず、普通に挨拶した。

「…… 」

 小さく会釈したが、黙っていた。

「この人が、Restore00001だってさっき名乗ったんだ。お兄ちゃんと話がしたいって…… 」

 蔵人が耳打ちした。

「ここでは何ですから、社務所の中へどうぞ」

 促すと、少し距離を置いて椅子を出した。

「…… へえ。社務所って初めて入ったわ」

 少女は中を見まわして、興味深げに物色し始めた。

「これが例のストラップよね。さぞかし儲かったでしょうね」

 ちょっと棘がある言い方をする。

「突然、SNSに変なつぶやきしたのに、冷静に対処した、津村十蔵さんはあなたかしら? 」

「そうです。失礼ですが、あなたは? 」

「弟さんには名乗ったのだけど、Restore00001こと久藤桐乃。高校2年生よ。桐乃でいいわ」

 なおも、社務所の中を見まわしている。

「私、この神社と蔵のことは、ずっと前から知ってたの」

 狭くて何もない空間だが、何かを探しているのだろうか。

 同い歳だと分かったので、少し安心した。

「桐乃さんは、近くに住んでるの? 」

「まあね。300mくらい先に家があるわ。あの文面からバレバレだったかしら」

 ニヤリとして見せたので、強い敵意を持っているわけではなさそうだ。

「兄ちゃんは賢いから、あの文章をあっという間に分析して見せたんだよ。僕は嫌がらせだと思ったけどね」

「まあまあ。蔵人。悪い人ではなさそうだぞ」

「普通は、弟さんみたいに反応するものじゃないかしら。ダイレクトメッセージを読んで、一本取られた感じがしたわ。ちょっと悔しくて、来てみたのよ」

 横目に十蔵を見つめている。

「それで、なぜあんな書き込みをしたの? 」

「つぶやきをするのに、いちいち理由があるかしら? ちょっとムシャクシャすることがあってね…… つい書いたのよ。内容は事実だし、別に謝るつもりはないわ」

 いろいろ指摘した部分はあるはずだが、そこを突いても大した意味がない。

 こういう人に、感情的な文章をぶつけたら、どうなっていたかは想像に難くない。

 蔵人は自分の考えが浅かったと、内心恥ずかしかった……

「別に、咎めるつもりはないんだけど、こうして会いに来た理由は他にあるんじゃない? 」

 面識があったとしても、こちらは全然覚えていないのだから、知人でもない。

 普通はネット上のやり取りで済ませるはずだ。

「ふふふ。実はね。私が『復活の蔵』を産み出したからよ」

「えっ! 」

 蔵人が声を上げた。

「そうそう。驚いてくれないと、張り合いがないわね。十蔵さんはどう思った? 」

「可能性は、あると思っていたよ…… 会いに来ると言うことは、よほどはっきりしたメッセージを用意しているのだろうと」

「あなたは探偵になるべきじゃないかしら…… ちょっと面白くないわ…… はあ…… 」

「僕は生まれたときからこうでね。その分蔵人が驚いてくれるよ」

「その、何もかも自分の掌の上ですって顔がね…… まあいいわ」

 桐乃は立ち上がって、なおも周りを見まわしている。

「ねえ。ストラップ。私にも作らせてよ」

 十蔵は、表情を明るくした。

「ああ。これは家で作ってるんだ。こっちへおいで」

「復活の蔵」とは

 

「おお…… これがハメパチマシーンね。本格的だわ」

 パソコン、プリンタ、そして型抜きする専用マシーンを見まわして驚きの声を上げている。

「作ってみるかい? 」

 十蔵は丁寧にレクチャーしながら、作って見せた。

「へえ…… 位置合わせとか、結構難しそうね」

「キットは、丸型、角型、ハート形、お守り形、ピック形なんかもあるよ」

「ちょっとやらせて…… 」

 慣れないと、おっかなびっくりで時間がかかった。

「うわぁ。何とかできたわ…… 」

「それで、こっちがUVインクジェットプリンタ」

「うはあぁ。こんなに小さいのね。これで写真を? 」

「そう。ちょっと時間がかかるから、データを持って来てくれれば作ってあげるよ」

「ええっ! 作るわ。お願い」

「で。こっちがレーザー加工機

「こんなものまで! 凄いわ! 高いんでしょう」

「UVプリンタも、レーザー加工機も、30万くらいだよ。父の伝手で少し安く買えたんだ」

「ねえ。時々来ていいかしら」

「はは。気に入ってくれたみたいだね。もちろん良いよ」

 桐乃は目を輝かせて、すっかりハマった様子だ。

「もっとこじんまりとした、やり方してるのかと思ってた。本格的なのね」

 十蔵もなんだか嬉しくなって、笑顔を返した。

 帰り際、蔵人がいる社務所に桐乃がやってきた。

「蔵人くん。さっきはごめんなさいね。時々来させてもらってもいいかしら」

 顔がすっかり綻んだ桐乃は、かなりの美人だった。

「えっ。いいですよ。もちろん、どうぞ」

「誤解がないように、話しておくけど『復活の蔵』のストーリーは、実話なの」

「そうですか。細かいことは、覚えてないですけど。1年くらい前でしたかね」

「友達がね。この蔵に願かけしたら、寄りが戻ったのよ。だから、事実無根なんかじゃないわ…… 」

「ありがとう」

エピローグ

 

 それから、桐乃は時々やって来てはオリジナルストラップを作っている。

「やあ。桐乃ちゃん。ごゆっくり」

 父も声をかけるようになった。

「ちょっと用事があるんだけど、社務所頼んでいいかな」

「いいわよ」

 時々社務所も手伝うようになり、桐乃もローテーションに加わった。

「ねえ。私もイラスト描くから、受注生産してみたらどうかしら」

「うん。いいんじゃない? 」

「じゃあ、六天市場に店を出しましょうよ。十ちゃんが店長で私と蔵ちゃんが社員で」

「何か。すごいパワフルだね…… 」

「機材があるんだから、どんどん作ろうよ。ね」

 こうして「復活の蔵」六天市場店が開店した。

 店は話題を呼び、蔵で願かけしたストラップと共に、かなりの売り上げを上げていった。

 商品のほとんどは「恋愛復活」の文字と共にキャラクターが描かれていた……



 

この物語はフィクションです