マンネリ化は生命にかかわる

 創作をしていて、最も恐れるべきことはマンネリ化である。

 マンネリ化は自分のモチベーションを下げるからだ。

 作家にとって、モチベーションがなくなることは致命的である。

 執筆をするときに、「これを書いてみたい」という思いが原動力になるので、今の自分がまだ知らない世界に思いを馳せることが重要である。

 未開の境地に自分を放り込んで「さあ。何とかしてみろ」とやるのである。

 出来上がった作品を読むと、理路整然としているような部分も、霧の中から見出した筋なのである。

 マンネリ化するときには、そのような道筋を放棄した時だと思う。

 読者のニーズに答えようとし過ぎてしまうと、このようなことが起こる。

 だから頑固になる部分もあっていいと思う。