「格好良さ」と「機能」は同じ意味

f:id:yamadahideo:20220211072301j:plain

 

 「機能美」という言葉があります。

 ニーズに正対している、機能的な物は美しい、という現代の造形思想の一つです。

 近代的な工業製品を志向したクリエイターは、機能美という言葉を好んで使いました。

 車のデザインでもよく耳にします。

 鍛え抜かれた肉体のような機能義を理想とし、物の本質を、機能に見出すという考え方は、イラストなどビジュアル表現にも当てはまります。

 イラストの機能とは、キャラデザ(キャラクターデザイン)であれば生活感やその性格、人生観などが豊かに表現されることです。

 その人がどんな性格で、幼少期、少年期、青年期、壮年期、老年期とどんな人生を歩むか。

 好きな色、曲、食べ物、ライフすらいる、服の趣味、特技など。

 そして一日の生活は、休日の過ごし方、誕生日、クリスマスなどイベントをどう過ごすかなどなど。

 考えられるだけ正確に設定して、作り出したイメージを正確にもれなく伝達することが機能であり目的になります。

 そして、深く考え抜かれたキャラクターは、美的な外観に仕上がるはずなのです。

 美の秩序を更生する要素に「ヒエラルキー(階層)」があります。

 1晩に伝える情報、2番目、3番目と情報の優先順位を明確化して、秩序立てて伝えることです。

 これができたイラストは、リアリティがあって、カッコイイ(綺麗な、かわいい)イラストになるはずなのです。

 ここでいう「リアリティ」とは、「存在感」のことです。

 「写真のようなリアリティ」ではありません。

 リアリティを出すには、対象の印象を瞬間的に捉える訓練が必要だと思います。

 時間を限定して、1秒にも満たない時間で捉えたことを描くのです。

 これは文章を書くときでも同様です。

 居合書きを一日一回以上続けるのは、瞬間的に認知したことを深く掘り下げて書く練習なのです。