ストーリーの設定にもドラマがあります

 イメージを表現するために、一見無関係な要素を近づけると良いです。

 言語空間で、要素同士の位置関係が遠ければ遠いほど、イメージが限定されて強くなります。

 意外性を狙って、人を驚かせるわけではありません。

 例えば「かたさ」のイメージは、石をダイヤモンドを組み合わせるよりも、意志のかたさや、動かないさまと組み合わせた方が本質を表わせます。

 ストーリーを考えるときに「奇妙な題名で目を惹く」とPVを稼ぐだけではないでしょうか。

 イメージを明確にして、魅力的なストーリーにするために、共通性が少ない要素を組み合わせるのです。

 イメージを強化できれば、意図したコンセプトを正確に伝達できます。