負けることが勝利

 「負けるが勝ち」は、誰が見ても勝ちは勝ち、負けは負けに決まっているが、勝負の本質を感じさせる逆説的な言葉を投げかけることである。

 このことによって、深く考えさせる意味がある。

 目先の対面にこだわらず、広い視野から将来を見据えることが大切だ。

 「いろはかるた」には、有名な「韓信の股くぐり」が描かれている。

 韓信は若い頃、無頼漢にからまれても屈辱に耐えて、後に大成した漢の武将だ。

 ところで、あなたの職場や学校に「他人の非を見つけて強く叱責する」人がいるはずだ。

 そのような人が大きな声で喋ると、周りも同じ反応を始める。

 「目には目を、歯には歯を」とでも言うかのように、お互いに非をなじり合い、陰で当たり散らす人も出てくる。

 そんな人を見て「どうせ自分もこんな風に言われているのだろう」と思って世の不条理を嘆くのが相場だ。

 だが、考えて欲しい。

 始めに「他人の非をなじる人」の言葉に反応しなければ、このドミノのような連鎖は起きなかった。

 謝る必要は無いが、黙って耐える器量さえあれば、火事が延焼するように広がらなかったのだ。

 もしも、身の回りにそのような人がいるならば、あなたはラッキーだ。

 いなければ、自分がなるべきである。

 笑ったり卑屈になったりしてはいけない。

 自分の行いの「正義」を信じて、「誇り」を持ってグッとこらえるのが人の道だと思う。

 

〔英語〕He who fights and runs away, may live to fight another day.(戦って逃れる者は、生き延びてまたの日に戦える)

 

〔中国〕一分度量、一分福(一分の寛容に一分の福)

f:id:yamadahideo:20220222055121j:plain