努力で才能をカバーしたのか

 成功者が努力を語るとカッコ良い。

 「努力を見せるようではプロじゃない」と言っても、逆説的に努力を語っている。

 成功できないと、努力を語れない。

 負け惜しみになって、ダサくなるからだ。

 才能ある人が身近にいると、どうしても比べてしまう。

 自分の方が劣っていて、努力を沢山したという文脈を描くとドラマチックなので、ついそう思ってしまう。

 自分もクリエイティブの世界で生きてきたので、自分が努力マンだと信じていた。

 だが、年齢を重ねて独走態勢になると、才能も努力も超えた自己実現に近づいた。

 自分に才能があってもなくても、この世界で生きてきたのだから良いじゃないか。

 努力は人並み以上にしたが、それがどうした。

 考えてみると、若い頃はドラマチックな人生を望んでいた。

 今ではドラマを望まなくなった。

 崇高な仕事が目的化した。