山田の作品

クリエイターとして活動しています

介護と武道

 車椅子に移乗するときに、どうしても人間一人分の体重を持ち上げなくてはならなくなる。

 寝たきりの人は体重が落ちているとはいえ、米30キロよりは重い。

 30キロのお米を持ち上げるには、相当な力がいることを想像していただきたい。

 世の中には50キロのダンベルでアームカールをやるゴリマッチョな方もいるが、自分はせいぜい頑張って15キロまでである。

 理学療法士さんなどのように、専門的な教育を受けていない。

 NHKの番組で介助のしかたを見たが、見てすぐできるほど甘くはない。

 そこで役に立ったのが、長年やってきた武道だった。

 武道をある程度やった人は、中腰のような姿勢で腰を落としたままでいても、へっちゃらになる。

 これは、脚力とか、筋肉量の問題ではない。

 武道で培われる身体操作法によるものである。

 自分は世界チャンピオンから長年指導を受け、中国武術の身体操作法なども取り入れていたため、いささか自信があった。

 自分の体に染みついた方法論で、母を持ち上げたところ、ほとんど力を使わずに移乗させられことに気付いた。

 腰にもまったく負荷がかからない。

 大学病院の先生の前で、移乗させたとき、

「お上手ですね」

 と褒められた。

 余談だが、身体操作法と、武道や古武術中国武術の知識を小説にも活かしている。