言葉が持つベクトル

 矢印「 → 」が右を向いていると、図の右側に視線を誘導できる。

 試しに上向き矢印「 ↑ 」を壁にたくさん貼っておくと、通る人が上をみる。

 矢印に見えない力が働いているので、外の空間に働きかけるのである。

 30年近く前、テキストで絵を描いて広告に添えたり、メールマガジンの装飾をすることが流行した。

 自分もたくさん作品を作った覚えがある。

 クリスマスツリーとか、エンボス加工で凹んでいるように見える絵とか、思ったよりも豊かな表現ができた。

 そんな中で、矢印のベクトルが重要な役割をした。

 「 > 」とか「 \_\_\_ 」で右に視線を誘導するサインをよく作った。

 言葉の意味にもこのような作用があって、言葉自体に書かれていないことに目を向けさせることができる。

 形容詞があると、続く名詞がいらないこともあるし、省略した方が多くの言葉を連想させることもある。

 小説を描くときには、わかり切った展開や冗長な部分を1ページ分くらい省略することもある。

 ストーリーがそちらを向いていれば、書かなくても想像できる部分だからである。